洗顔石けんに固形石けんを選ぶメリットはこの3つ!

洗顔石けんに固形石けんを選ぶメリットはこの3つ! 固形石けんの基礎知識

最近、洗顔石けん用に「固形石けん」を選ぶ人が増えているのをご存知ですか?

一体なぜでしょう?
実は固形石けんには、洗顔フォームにないメリットがあるのです。今日はそんな固形石けんで得られるメリットを詳しくご紹介します。

メリットを知る前に・・・固形石けんのベース「石けん素地」とは?

固形石けんと言っても、1個100円以下のものから数千円する高級石けんまで様々です。しかし、どの固形石けんにも共通していることがあります。それが「ベースとなる素材」です。

固形石けんのベースは「石けん素地」が基本です。そして、石けん素地の正体が「脂肪酸ナトリウム」。

一般的に石けんは油脂類と苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)を反応(=けん化)させたものです。

固形石けんの持つメリットのほとんどがこの「脂肪酸ナトリウム」の働きと言っても過言ではありません。

メリット1.肌に被膜を作って活性化

固形石けんで顔を洗った後、「つっぱる」感じがすることがあります。
このせいで固形石けんを使うと「肌が乾燥する」と思われがちですが、実はそうではありません。

固形石けんはアルカリ性です。そして肌は弱酸性ですよね。
固形石けんで洗顔すると、肌の表面にはアルカリ性の薄い被膜が作られます。この被膜ができることで、アルカリ性に傾いた肌が再び弱酸性に戻るための「活性化」を起こします。

具体的には肌を潤すための皮脂や、天然保湿因子成分の分泌です。

メリット2.皮脂を一掃してリフレッシュ

固形石けんは皮脂を取り去ってくれます。そのため一時的にはとても乾燥した!と感じますが、皮脂を取り去る=乾燥ではないと理解しましょう。

肌の乾燥は角質の水分不足です。石けんは肌表面にある皮脂を一度リセットします。

古い皮脂を取り去った肌は新しい皮脂を分泌させます。肌全体にしみわたるまでの時間はおよそ20~30分。肌の乾燥を感じても何もせずにこの時間で戻るようであれば、問題ありません。

メリット3.低刺激で肌に優しい

固形石けんは刺激が強いと思っている方も多いですが、固形石けんは低刺激です。そのため、敏感肌の方やアトピー肌の方にはもってこい。
その場合、保湿成分配合の固形石けんよりはシンプルに脂肪酸ナトリウムが99%以上の純石けんの使用がおすすめ。余計な成分が入っていないから、アレルギーを起こしにくかったり刺激になりにくいためです。

練状洗顔フォームが突っ張らないワケ

普段、チューブから出すタイプの洗顔フォームを使っていると、洗い上がりはしっとり。仕上がりを考えると洗顔フォームの方がいいのでは?と感じてしまいます。

洗顔フォームで洗った時に肌が突っ張らない理由は、洗顔フォーム自体が「弱酸性」であるためです。弱酸性の肌に弱酸性の洗顔フォームを使うと、皮脂と洗浄成分が残ります。

結果、肌はしっとりとした仕上がりになります。ですが、問題は皮脂が残ってしまうということ。古い皮脂が残ることで化粧水の浸透を妨げたり、活性酸素の発生の原因になります。

活性酸素は毛穴の開きや黒ずみ・肌の老化の原因になる可能性があるため、なるべくならその要因は取り除きたいものです。

固形石けんのメリット・まとめ

シンプルな固形石けんは価格もリーズナブルなものが多いです。しかも長持ち。さらに肌に優しく、いらないものはきちんと落としてくれます。

肌本来の力を引き出してくれる固形石けんを日頃から使って健康で丈夫な肌を目指しましょう。

いつかの石けんの詳細はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました